月舘の歴史

中生代 一億年前 日本は大陸と陸続き。東北は大陸の東端に位置していた。
新生代    
新第三紀・中新生 2000万年前 日本列島が大陸から離れる。
  1600万年前 福島盆地の周りは海だった。
  1000万年前 福島盆地が陸地に。
新第三紀・鮮新世 300万年前  
第四紀・更新世 20万年前 福島盆地が沈み始める。
(最終氷期)(洪積世)    
旧石器時代 3-2万年前 温暖化で海面が上昇。
  2-1万年前 氷河期が終わり、福島盆地が隆起し始める。
このころの旧石器などが福島市で見つかる。
<縄文時代> 1万2000年前 福島市から竪穴住居・土器・削器などが見つかる。
  1万-6000年前 小規模な竪穴住居群・大型土器が見つかる。
  6000年前 塩野川、広瀬川ができる。
  6千-5千年前 月舘町最古の竪穴住居が見つかる。
弓が使われ、縄文や撚糸紋が発達する。
  5千-4千年前 月舘では「篗ノ内遺跡」、「西原遺跡」が見つかる。
  4千-3千年前 集落が低地に作られ、敷石住居が作られる。
  3千-2千年前 青森県亀ヶ岡遺跡で掘立柱建物が作られる。
<弥生時代> 2300-1700年前 このころ、アジア大陸から文化が伝わる。
稲作が始まる。
<古墳時代> 1700-1400年前 塚野目古墳群、大泉・みずほ古墳群など、伊達市内でも古墳が作られる。
月舘地域では大糠塚・桜壇・篗塚・糠塚・女神山の5古墳が登録されている。
<飛鳥時代> 西暦592年 崇峻天皇が蘇我馬子に殺される。
このころ、崇峻天皇の后、小手子が(小手姫)が蜂子皇子を追って月舘へ来たと言い伝えられる。
  593年 聖徳太子が推古天皇の摂政となる。
  645年 大化の改新
  659年 道奥国は陸奥国に、評は郡と改称された。
  701年 大宝律令
<奈良時代> 710年 平城京遷都
  743年 聖武天皇が新田開発のため墾田永年私財法を出す。公地公民が崩壊し、私有地(荘園)が増える。
<平安時代> 794年 平安京遷都
  801年 坂上田村麻呂が蝦夷地遠征を行う。
  807年 坂上田村麻呂が遠征とき、御幸山十一面観音堂を作ったとされる。
  825年 糠田の熊野神社勧請
  869年 陸奥国大地震
  1117年 小志貴神社勧請
  1170年 奥州藤原氏、平泉を拠点として陸奥・出羽両国を強力に支配
  1186年 椚平薬師堂建立
  1187年 源義経が陸奥へ逃れる。
  1189年 源頼朝奥州平定
藤原氏は厚樫山(現在の伊達郡国見町)に布陣するも敗戦。その後多賀城を経て平泉まで逃げるも、頼朝によって滅亡する。
<鎌倉時代>   このころから安土桃山時代にかけ、月舘地域の各地に城館が作られ始める。
  1204年 赤城神社勧請
  1221年 承久の乱
  1236年 慧日庵をつくる。後の東照山岳林寺。
  1274年 文久の役  元軍が北九州を侵略。
  1275年 弘安の役
<南北朝時代> 1335年 北畠顕家、陸奥守となる。後、霊山城入城。南朝方の拠点となる。
  1338年 北畠顕家、和泉堺(現在の大阪府堺市)で戦死。
  1346年 霊山城落城。
霊山城に立て籠もってた南朝側の武将や奥方、女房が落ち延びようとして道を誤り、月舘行屋入で力尽きたと言い伝えられる。
<室町時代> 1392年 南北朝統一され、北朝の御小松天皇に神器がわたる。
  1460年 寛正の洪水・大飢饉   養蚕機業が推奨される。
  1469年 応仁の乱
  1536年 伊達儀稙宗が分国法「塵芥集」を制定。
  1559年頃 犬飼の熊野神社が鎮守として建てられる。
<安土桃山時代> 1575年 東香山耕雲寺建立。当時は高雲寺と呼ばれていた。
  1578年 松林山真法寺建立。
  1580年 万松山茂林寺建立。
  1590年 豊臣秀吉の奥州仕置  政宗は米沢へ移封される。
  1591年 伊達は蒲生氏の領土となる。
刀狩と太閤検地が行われる。
  1597年 布川の熊野神社勧請
  1598年 伊達は上杉氏の領土となる。
  1600年 関が原の合戦
<江戸時代> 1600-1602年 小手六十三騎の活躍
  1611年 会津大地震。若松城倒壊
  1615年 大阪夏の陣(豊臣氏滅亡)
  1630年 布川の千手観音堂勧請
  1664年 上杉藩削封により伊達郡は幕領となる。この頃の領地図はこちら
  1689年 松尾芭蕉、奥州路に旅立つ。
  1695年 陸奥で大飢饉が起こる。
  1716年 享保の改革
  1737年 八雲神社勧請
  1760年 小手7ヶ村の大火  大火により岳林寺、茂林寺、布川熊野神社が焼失する。後、建て替え。
  1780年代 岳林寺の十六羅漢像安置
  1783年 天明の飢饉始まる。
  1787年 松平定信、信達地方に養蚕を奨励する。
  1797年 秋葉大権現造立。
  1802年 伊能忠敬、幕命により陸奥、出羽、越後の海岸測量。
  1806年 立花氏下手渡藩成立。
  1833年 天保の大飢饉始まる。
  1841年 天保の改革
  1843年 月ノ宮神社建立
  1853年 浦賀に黒船来航。
  1866年 世直し一揆勃発
  1867年 王政復古宣言
  1868年 戊辰戦争始まる。
奥羽列藩同盟成立
<明治> 1871年 廃藩置県
  1872年 学制の交付
1872年に下手渡小、1873年に御代田小、布川小、月舘小、1874年に糠田小、1875年に上手渡小開校。その後、統合を重ね現在の月舘小学校、小手小学校となる。
  1882年 福島事件
  1889年 大日本国憲法発布
  1894年 日清戦争
  1904年 日露戦争
  1905年 福島県大凶作
<大正> 1914年 第一次世界大戦
  1915年 軽便鉄道(川俣?掛田間)運転開始。
  1923年 関東大震災
<昭和> 1929年 世界恐慌始まる。
  1931年 満州事変
  1937年 日中戦争
  1939年 第二次世界大戦
  1941年 太平洋戦争
  1945年 ポツダム宣言を受諾し、日本無条件降伏。太平洋戦争終結。
  1946年 日本国憲法公布
  1947年 教育基本法・学校教育法の公布
  1951年 日米安保条約調印
  1961年 月舘町役場庁舎完成
  1964年 東京オリンピック
  1970年 日本万博博覧会
  1973年 オイルショック
<平成> 1996年 つきだて花工房オープン

参考資料:月舘町史「年表・出典」 月舘町史編纂室

ページトップへ戻る